menu

田中やすひこ事務所

〒451-0031 
愛知県名古屋市西区城西2-2-8
若山ビル102

TEL.052‐325‐8287

総務県民委員会 一般質問

12月13日、14日
12月月定例愛知県議会の総務県民委員会が、13日(水)14日(木)と開催されました。
私からは、
13日(水)
私学振興について
1. 私立高等学校の父母負担について
2.専修学校高等課程の現状と入学給付金について
14日(木)
リニアに関連して。
県庁組織のあり方と各市町村との連携について。

まず、私学振興について。
先日の本会議でわが党の原よしのぶ議員が一般質問をされた中にも、同様の質問があり、わたくしもそちらをより細かく(委員会質問は本会議よりも詳細についての質問ができるので)、また一般質問から委員会までの間に私学振興に関しての閣議決定もされました。国の動きに合わせて県の対応はどうなのかという旨と合わせて質問をさせていただきました。
後半のリニアに関して。
リニア新幹線が開通し愛知~東京間がより近くなるという事は、人や物の動きが早くなり便利になるという事だけではないと考えます。
愛知の産業、日本の中心である経済、まだまだ課題も多いが大きな魅力がある観光など、それらを活かす為のリニアにしなければならないと思います。それを活かす為にはどうするのか?名古屋市を始めとした県内の市町村の力と魅力を、愛知県がどのように再創出し大きな力に変えるのか、が愛知県の役割であり課題であると思います。
それに向かう上で、現在の愛知県の組織体制では各市町村を引っ張りまとめていく体制にはなっていない部分があると感じています。
この組織体制を考えるという事は、何もリニアに限らず、2019ラグビーワールドカップや2026愛知名古屋アジア競技大会などの愛知県の未来の話です。

愛知県には、他の都道府県にはない大きな魅力がまだまだあります。
今回の大きく2つの質問、人材育成・教育も、リニアを例にした組織体制も、今後の愛知県にとって大変大きな課題で、それを大きく生かす為に、愛知の未来に向けた質問をさせてもらいました。

2