menu

田中やすひこ事務所

〒451-0031 
愛知県名古屋市西区城西2-2-8
若山ビル102

TEL.052‐325‐8287

第13回愛知憲法フォーラム

5月3日(水)憲法記念日
第13回愛知憲法フォーラム

日本国憲法が制定されてから70年という節目。
フォーラムの中では、安倍晋三内閣総理大臣のメッセージも拝見させていただきました。

憲法とはその国の方向性を決める、所謂“個性”があるものです。
しかし、戦後、アメリカによって作られた現在の日本国憲法は、前文だけを読んでもいまいち意味が伝わらない内容で、歴史・伝統・文化や国民性などは反映されていないものです。
また70年前という月日が流れ、時代も移り変わる中「日本国憲法は70年前のまま」というのが現状です。
日本と同じ先進国を始めとして、憲法改正を行っている国がほとんどで、逆に何も変わっていない事の方が稀であります。
他国は、なぜ憲法改正をしてきたのか?
世界情勢が目まぐるしく変わる中で、それに合わせて国の指針である憲法も変わってきている、という事です。
周りは変わるのに、自分だけ何も変わらずに時代に残されていくという事がどんな事かは安易に想像がつくと思います。

「日本は今のままで本当にいいのか?」改めて考える機会となりました。