menu

田中やすひこ事務所

〒451-0031 
愛知県名古屋市西区城西2-2-8
若山ビル102

TEL.052‐325‐8287

日越友好愛知県議会議員連盟 視察 総括

今回の視察において、強く感じた事。ベトナム人からも、ベトナムで仕事をする日本人からも「親日」という事は、強く感じました。
これは日本がベトナムに対してODAを始めとした国際協力を行ってきた結果であると思われますが、この状況を愛知県としてもしっかりと受け止め、生かすべきとだと感じます。
人間関係は一朝一夕でできるものではない中、すでに日本に対していい印象を持っている人が多いというのはおおきなアドバンテージであるのは間違いありません。またその点は、目の前の経済面だけではなく、更にお互いの将来に向けて生かす為の人材育成にも大きく繋がります。日本の良さを知ってもらい、日本で活躍をしてもらい日本側もそれを生かす。その経験をベトナムに持って帰ってもらってベトナム国内で生かし、また後世に日本・愛知との交流発展により繋げる事は十分可能だと思います。特に今後も、経済産業面において日本を引っ張っていくで立場である愛知県においては、アジア各国の中でも率先して行ってよいと感じます。
しかしその中で、社会主義体制の影響なのか、ベトナム国内でのホスピタリティの低さを感じる場面も少なくありませんでした。これは私自身が受けたサービスの事を言うのではなく、愛知県とベトナムが今後も協力体制を取っていく上でm民間同士の交流は必要不可欠であります。文化の違い、マナーやルール、生活環境などの違う溝が深いほどせっかくの人材も生かしきれないなどの問題が出てくるのではと感じました。
JETROハノイでも、「人件費の高騰」は聞きましたが、いわゆるそう言った“アジアのメリット”が薄れているのはベトナムにも言われている事のようですが、そのほかの点に関して、まだまだ可能性の高い国であると感じました。
今後ますます双方にとってプラスになるような交流が図られるように期待、また働きかけもしたいです。集合写真