menu

田中やすひこ事務所

〒451-0031 
愛知県名古屋市西区城西2-2-8
若山ビル102

TEL.052‐325‐8287

日越友好愛知県議会議員連盟 視察 その③

■株式会社タナベ訪問
愛知県岡崎市に本社があり、自動車ハンドル用皮革加工事業を行い、その子会社として、完全人工光型植物工場を建設し、無農薬野菜の栽培・販売を行っている株式会社タナベ。
大変ありがたい事に、日本とベトナムを行き来する田辺一雄社長がお時間を作っていただき、直接お話をいただきました。植物工場自体は問題なく、順調に稼働している事。その面、ベトナム国内において日本の野菜販売に関して、安心面の信頼は得てきているが、価格競争が課題だという事です。また文化・生活環境などの違いによる従業員へ対する課題と、社会主義共和制国家の為、法整備や法の急な変化への対応が大変だとの事でした。
株式会社タナベ訪問
株式会社タナベ訪問2

■日本法教育研究センター訪問
ホーチミン市法科大学 マイホンクイ学長、日本法教育研究センター 瓦井特任講師、ベトナム人学生11名と面会をさせていただきました。
1400名の学生が在籍するベトナム南部最大の法律機関。ラオス、カンボジア、欧米諸国からも留学生を受け入れ、法律と日本語教育を行っています。今でも印象に残っているのが、学生たちの強い「日本に対する感謝や憧れ」です。こういった学生達をいかに日本に受け入れるか、更には愛知で活躍できるような環境を作る必要があると感じました。
日本法教育研究センター訪問1
日本法教育研究センター訪問2

■職業訓練センター MIRAI HUMAN訪問
代表取締役グエン・タン・タイン氏、レミン部長からレクチャー。ベトナムでの職業訓練学校はほとんど国営であるが、ベトナム内初の民間送り出し期間であるMIRAI HUMAN。実際に日本で経験を積んだグエン・タン・タイン氏の経験の元、語学だけではなく、日本でのマナーやルールについても教育を行っている施設です。更には国営の期間は送り出したままがほとんどであるが、こちらでは日本に渡ってからのサポート・ケアも行っているというのが特色。やはり一種のホームシックにかかってしまい、成果や実績を残す前に環境に違いなどから帰国をしてしまう人が多いようです。」業種としては、従来からの製造業や縫製技術を身に着けた人材に加えて、最近では日本の法改正にも伴い、介護福祉に対しての人材を今後は育て送り込みたいとの事でした。しかし海外からの介護福祉分野における人材派遣に対して、愛知県は関東に比べて受け入れに慎重であり、今後の対応を検討してほしいとの事でした。人材不足が避けられない日本において、海外の人材の対応は、愛知県においても重要な要因であると考えます。
MIRAIHUMANMIRAIHUMAN2MIRAI HUMAN0