menu

田中やすひこ事務所

〒451-0031 
愛知県名古屋市西区城西2-2-8
若山ビル102

TEL.052‐325‐8287

愛知県の獣害とジビエ振興について

1

愛知県は、国内においても屈指の「ものづくり愛知」として有名ですが、それと同じくらい、豊田市を始め多くの山林もあり、豊かな自然にも恵まれた県です。

今回は、その豊田市内で、鳥獣被害対策とジビエ肉の販売に対する取り組みについて伺いました。
鳥獣被害の種類は、猪、鹿、野鳥などさまざまですが、お伺いした豊田市内においては、猪の被害がほとんどの様です。
その猪を、ジビエとして販売、地域の魅力として活かす取り組みをされている、ジビエ処理場に伺いました。

以前のイメージでは、猪肉は「臭みが強くておいしくない」というイメージでしたが、適切な処理を施せばおいしいお肉になります。(実際にわたくしもいただきましたが、臭みなんかまったくなく、おいしいお肉でした)
しかし、問題点としては、①飼育していない野生の動物なので、安定的に入るか保障はない ②猟師から獲った連絡が入ってから、1時間以内に処理をしないと商品としては使えない ③昔の悪いイメージが残っている
などなど、まだまだ課題はあるようです。

愛知県が誇る、自然資源の1つであるジビエ。
うまく活用できるような基盤づくりができるように取り組みを進めたいです。
また、「人間は命をいただいている」という事を再認識させてもらう機会となりました。

愛知県議会議員 田中泰彦

2